スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SING/シング』は良かった!

前にもつぶやいたけど、遅ればせながらSING見てきたのでした。
評判通りの大傑作だった!

まあ、ショウビズ物でその劇中歌が断然巧いとなれば外れっこない訳で。もう導入部見た時点でこれは当たりと確信。で、オーディションの時点で皆やたらレベルが高いんですけどw
普通あの手の作品は、オーディションではかなり色物が仕込まれてるものなんだけどw まあ、すげーって思ったからいいんだけど。

自分は洋画・海外アニメは吹き替え、歌は英語で聞きたい口だけど、SINGは評判どおり吹き替えで見て正解。しかし、吹き替えの完成度があれだけ高いと、「じゃあ原語だと?」と興味が湧く。これが巷で言われてる「SINGの吹き替えを見ると字幕でも見たくなる現象」て奴なのか。
SINGこそサントラ欲しい作品。二ヶ国語分。
内村さん巧かったな。「誰だか知らんけど(どっかで聞いた気がする)、やっぱり吹き替え専門の声優はいいね」て思っちゃったレベル。
つまり、単に巧いだけでなく、吹き替え向けの声の出し方してた。
ゴリラのジョニーの演技だけはイマイチだったけど(歌は巧かった)、それが「業界では素人の若造」と言う雰囲気を出してたから、これでよい。

女キャラとしてはアッシュ推しだけど、色気の点ではやはり豚の奥さんだな。で、歌は断然ミーナと。
SINGのキャラデザ最初見たときは女キャラ萌え方面は弱いかなと思ったけど、そこはやっぱり海外アニメ、しっかりエロカワは仕込んできていた。。
あの劇中公演の構成がまた、解ってらっしゃる、だよなあ(当然と言えばそうだけど)。ツカミは豚さんで、締めはミーナ。

関係あるようなないような話だけど、スクールオブロックが好きな人は、SINGも見ればいい。もしくはその逆でも。

イルミネーション・エンターテインメントは、怪盗グルーは好きだけど、ミニオンズはそんなにツボにこなかったから、期待半分心配半分だったんだけど、杞憂でした!
これは、ディズニー・ピクサー・ドリワに続く第四の地位を確立したと言っていいかな。(いや、今更の評価か)

SINGは2が決まってて、それは嬉しい事だけど、あれって、「一生に一度の晴れ舞台」て要素があのテンションを生み出したところがあるからなあ。果たしてあのレベルまでもって行く事ができるのか・・・
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。