米澤穂信『インシテミル』

米澤穂信『インシテミル』を読む。
最近小説は読み始めて即脱落してしまう事が多くて、まして推理小説は最近手をつけることすらなかったんだけど、
これは序盤1/3くらいすっ飛ばし読みをする事で、いい感じに乗れた。
一度乗ってしまえば、バトルロワイヤル系の面白さに推理小説ならではの引きを抑えていて、「中断するのが苦しくて寝不足になるくらい読む」なんて感覚を久し振りに味わえた。
要所で若さを感じる箇所はあったけど、これだけ楽しませてくれれば十分満足。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する