スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンゴジラ見てきた

シンゴジラ見てきた。あれだけの人動かしてあの映像作ったのは凄いと思ったけど、面白くて自分の心にフィットしたかどうかと言うと、微妙。

自分は元々庵野作品には警戒感持ってて、その分見に行くのが遅れたのですが、その心配した点については余り問題なかったです。

一度見る価値はある(そして見るなら映画館で)と思いましたが、二度見に行ったら自分には苦痛だろうなと思いました。

以下、ネタバレが含んだ感想。
キャラに普通の演技をするおっさんが多かったのは良かったです。
一方「若くてデキる人」設定の人の演技は自分には合わなかった。
巷で人気(に思える)尾頭さんねえ・・・マンガ育ちの監督による最近のドラマでは、あの手のキャラをよく見かけるようになりましたが、自分はああ言う「マンガ的なわざとらしいデキる人」を実写やアニメで見るのは苦手です。
(マンガで見る分には平気)
実際、現実世界では、ああ言うタイプの人が現場で逆に障害になる事がありますしね。
訂正、尾頭さん自身は現場かき回しタイプとは違うので、自分の能力とキャラを勘違いして「エセ尾頭さん」になってしまう人が危ない。
ついでに言うと、そう言う「デキるけど現場のやり取りを阻害するキャラ」とかが描けてれば、作品としてはOKと考えます。
ラストの笑顔もね、あれがツボに入る人もいれば、「はいはい、狙ってるね」と冷めた受け取り方する人もいれば「狙いやがって、だがそれがいい」て人もいるだろうから、好みの差であり、その作品と出会う時期の差でもあるんだろうね。

話題になった会議の多さですが、セリフが早口だったお陰でかなりストレスなく見れました。
でも、もう少し緩急が欲しかったかな。
現実では頭のいい人のしゃべりは早い、と言う監督の意向があったそうですが。
リアルと言う観点なら、確かに頭のいい人は自分の専門の事となると早口かつ相手の台詞の途中で被せたりしますが、一方専門外の事だったり考える時間が必要なときは、じっと考えてから答えるでしょう。
「ちょっと待ってくれ、では君の言う○○とは、××の事?」なんて、自分に理解し易い言葉で言い換えるのもよくある事です。
そうやって、リアルにメリハリ付ける事は可能だったんじゃないかなと思います。
意地悪い言い方すると、「とりあえず皆監督に言われた通りやりました」と言う感じでした。

リアルを売りにした割には、逃げ遅れる人の多さと、「普通そんなとこでそんな台詞言わんやろ」がたまにあったのが少し気になりました。(あくまで「たまに」。近年の日本映画やドラマに比べるとかなりそう言うの少ないですが)

電車爆弾はウケた。ああ言う、本来兵器でない物を兵器として使うネタはやっぱり燃えるね。

通常、この手の作品は「練りに練った作戦がギリギリのところで行き詰る」→「機転で作戦成功! しかし誰かの犠牲が・・・」てのが定番でしたが、そこは踏襲しなかったですね。
それはいい悪いじゃないですが。

ふと思ったのですが、会議が多いこの脚本なら、三谷幸喜が監督やったらどう料理したかなと思いました。
これまた賛否ありそうな演出になりそうですが。

最後のシーンについては、自分は「ゴジラの(より進化した)子供かなー」と思ってたのですが、英霊説もあるんですね。
英霊と言うと英雄的な響きがありますが、ウルトラマンのベムラー的な者かもしれないし、もっと恨みがましい者かもしれないですが。

政治性について。
この映画が右寄りだ、いや逆に左寄り、なんて声もちらほら見かけますが。
自分の印象としては、比率としては右:左が6:5くらい、概ねバランスが取れてたんじゃないでしょうか。
右と言っても、自衛隊が活躍して「日本の行く末」云々のセリフが出る程度。
左と言っても、反米左派、人間醜い系のエコっぽいセリフが出る程度。
恐らく本作品は、「今の日本に本当にゴジラと言う”想定外”の生物が現れたら日本はどうするか」を311震災を踏まえ、突き詰めて作って行ったらこうなったのでしょう。
そこに、殊更思想に寄った政治的メッセージを読み取ろうと言うのは余り利口な姿勢ではないですし、まして右か左かどっちかに分けて見るのはナンセンスと思います。
まあ、ある意味庵野監督は「勝手にした」ので、皆さんが勝手に解釈するのも結構かと思いますが。

最後にまた映画としての感想に戻りますが。
凄かったけど、自分が映画に求める物とは違うな、となります。
でも、私は正直、最近の日本映画にかなりの悪印象を持ってましたが、「まだまだこんな作品作れるんだ」と言う意味で希望が持てました。
スポンサーサイト

Comment

No:371|
この映画にプロパガンダ的なものを感じるとしたら、全ての映画にそれが言えてしまうでしょうね。
大体、プロパガンダと言うものは国が変わって違う価値観が支配するようになってから振り返って初めてプロパガンダと思える物。
それを考えると、「民主主義のために!」なんて言う作品は民主主義プロパガンダだし、男女平等や頑張るマイノリティを扱う作品もプロパガンダ。
将来価値観が変わったり、「その価値観当たり前すぎてわざわざ言うの恥ずかしい」と言う時代になったら、時代のあだ花のように見えるかもしれません。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。