スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズートピアは老若男女問わず見ておきましょう

GWも後半になって、ズートピアようやく見れました。
一言で言うと非常によく出来た、万人向けの作品だった!
これだけよくできてると逆に感想書きにくいんだけど、書いときます。
娯楽作品として短い時間の中に一通りツボを抑えててよくまとまってました。
トリックを仕掛けすぎる事もなく、結構重いテーマなのに説教臭くもならず。
実のところ、事前に感想チラ見した(すぐ目を逸らした)ときに人種差別やら社会問題テーマについて語ってる人が多くて、ちょっと心配してたんですよ。
しかし、決して説教臭くもなく、現在の現実の社会状況をまんま当てはめる(例えば黒人=肉食獣みたいな)こともせず、あくまで「ズートピア独自の歴史」を作る事によって、鼻につかないテーマの料理方法が取られていました。
現実世界では、移民問題や、白人警官と黒人の対立やらが起こってる中、ディズニーはタイムリーでチャレンジングなテーマに挑んだ訳ですが、それを見事に娯楽作品の中で消化していました。

実のところ、アナ雪でディズニーの脚本に「若気の至り」の兆候を見て少し心配してたんだけど(余計なお世話ながら)、その後ベイマックス、ズートピアととよくまとまった作品が続いて、この辺は杞憂に終わりそうです。




署長は作中では嫌な上司として描かれてたけど、社会人としての経験を経た人から見ると、ジュディは「毎年いる困った新人」の要素もあるよね。
でも、その辺もきつ過ぎない程度に示唆されていたので、やっぱりソツがない。

ところで、こんなに面白くよくできた作品なのに、意外にも自分の涙のツボに入るシーンはなかったです。
自分の私的な状況を考えると、もっと共感してもよさそうだから、本当に意外なんだけど。
これは別に作品のせいではなくて、本当に涙のツボって人それぞれってだけなんですが。
例えば「頭で感心しても、心が引っかかりを覚えてた」なんてもんじゃなくて、ズーは本当に好きになれる作品なんですが。

そんな訳で、上の感想全てひっくるめると、やはり「非常によく出来た作品」と言う感想に行き着くのでした。




他雑多な感想。
ジュディの鼻ひくひくや耳の動き、この辺はディズニーの十八番だから今更だけど、やっぱり巧い。

全てが完璧な作品だっただけに、唯一ガゼルの吹替えだけが残念だった。
台詞棒読みもだけど、英語歌とセリフが全然違う声なんだもんなー。
ジュディの吹き替えはそんなに悪くはない。
当初は「本職吹替えの演技とはやっぱり違うなー」と思っていたのですが、話が進むにつれ違和感はなくなりました。

毎度性的なネタを要所に突っ込むディズニーだけど、今回はヌーディストクラブネタ。攻めたなあ。
他、ショタニックなど、女子の皆さん向けのツボもしっかり突いてきました。
スポンサーサイト

Comment

No:370|
>現在の現実の社会状況をまんま当てはめることもせず

現実に即しすぎる事は危険だと思うのですね。
関係者からのクレームと言うのもありますが、(それと類似の問題ですが)現実に近づけるほど製作者の現状認識や知識のなさが出てしまうから。
受け手側が変に知識を付けない方がいいって問題でもあるんですけど。
かつては、サウンドオブミュージックやポカホンタスも、モデルとなった人やネイティブアメリカンからは「事実と違う」とクレームあった訳ですが。
(だから、映画で充分に感動した後、事実関係を知ったと言う順序で、自分は幸せだったと思う)
ズートピアにしても、民族問題の現状が映画の通りと言う事は決してあり得ず、状況は複雑多岐です。
いや、ズーは充分頑張りました。記事にも書いたとおり、現実をそのまま写し取った構図にはしなかったし、娯楽性を崩さずテーマを表現した。
映画内ではあの結論でいいし、そもそも自分はズーは結論を語るより問題提起を重視した、と思ってます。
ただの甘い結論でなく、「被害者の振りをした加害者」の存在まで示唆したのだから、もう充分深い表現です。

ただ、ズーが優れていると言うのとは別に「ズートピアではこう言っていたから」などと現実を語るのは止めるにしくはないと思うのです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。