スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム制作日記】1024デモサーバとしてsqale借りた

密かに地道に作り続けてるゲームの話。
クライアント側はAdobe Air、サーバ側はRuby on Railsで作ったはいいけれど、さくらではRailsが動かない。
では、VPSを借りるかと試用してみたけど、これは全部一から環境構築する必要があり、その最初の部分から引っかかっている有様。
参った、いや待て、そもそもRails向けのレンタルサーバとか、絶対あるはずだと探してみたら、sqaleと言うサービスが見つかった。
同様のサービスではHerokuも有名だけど、日本語って点でsqaleの方が扱いやすそう。(サポートも解り易そう)
「こう言うのあればいいのに」と思ったら、ネットで探せば必ずある。今はそう言う世の中なんですよね。

・・・で、ここからまた大変。
最初はそんな物とは言え、さっそく503のサーバエラー。
お問い合わせには答えてもらったけど、そもそもsqaleは初心者用ページやWindowsユーザ向けの説明が解りにくい。
(と、sqaleに意見したら少し反映されてるようだけど)


折角なので、どう引っかかったか覚書。
1.sqaleに問い合わせたら、使っているrubyのバージョンが自分の開発機とsqaleサーバ(以下デモ機)で違っているので、rbenvで揃えてくださいとの事。

2.しかし、その手の作業をするには、基本デモ機にssh接続できないといけない。
sqaleにはssh接続コマンドが書いてあるが、RailsInstallerのコマンドラインから打ち込んでも。
「'ssh' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」となる。
要は、Windowsでは基本的にはsshコマンドが使えない。
よって、TeraTerm、PuTTy、あるいはRailsInstallerと同時にインストールされるGitBashと言ったターミナルソフトの助けがいる。
(GitBashは私は使っていないので、よくわかりませんが)
ここは慣れてるTeraTermを使う事に。

3.sqaleのマニュアルやダッシュボードを見ると、各所でSSHの接続方法を「ssh -p 2222 sqale@gateway.sqale.jp」と書いてある。
しかし、実際は、sqale@gateway.sqale.jpのところは[ユーザ名]@gateway.sqale.jpなので注意。
(慣れてる人、勘のいい人ならすぐ気づくんだろうけど)
ターミナルソフトの接続画面で言えば、ホストにgateway.sqale.jp、ユーザ名に自分のユーザ名を入れる事になる。

4.sqaleの「初めての方へ>公開鍵の設定方法 (Windows 編)」に従って作った秘密鍵が認識されない。
FAQで、認識されない人はやり直してとあるが、手順のどこからやり直せばいいか、最初とどうやり方を変えればいいのか解らない。
(今のFAQは当時と少し記述が変わってます)
1)解決法1:推奨されてる方法は「公開鍵を追加」だったが、「新規公開鍵の作成」の方でやったら巧く行った。
2)解決法2:後から気付いて、「公開鍵を追加」で公開鍵ファイルの頭から、つまり「ssh-rsa」以下を全コピーしたら、こちらも巧く行った。(※改行コードを入れないよう注意)

5.これで、接続して、rubyのバージョンを揃えても、エラーが出る。
当時のログを残してなかったけど、確か「Could not find rake-」てファイルが見つからない系のエラー。
これは、「bundler bundler Could not find」で検索かけて以下を見つけて、
http://qiita.com/jnchito/items/44ab1df134369ed76911
bundle updateかけたら巧く行った。

※あと、DBアクセスが巧く行かなかった時期もあったんだけど、これはいつの間にか解消されてた。

6.CyberduckによるSFTPデプロイでも、ファイル・フォルダの削除が反映されなくて、引っかかった。
(これはFAQにフォローあり)
もっとも、SFTPだと、サーバで直接修正した後、下手にデプロイすると変更を上書きしてしまう。
やはりできればGitを使いたい。
長らく、秘密鍵(C:\Users\[ユーザ名]\.ssh以下の公開鍵に対応する秘密鍵)が認識されなかったため、Gitも使えなかったけど、
上記4-2)で秘密鍵が認識されるようになると、使えるようになった。


働きながら上記をやってるもんだから、そんなこんなで、数週間・・・動いた!
あれ、すごいんじゃね?
もうそろそろ誰かに見せてもいいんじゃね?
と小躍りする勢いで思ったけど、まだまだ早い、まだ我慢。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。