スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンジャス簡単感想#11

海外お得意の潜入捜査シナリオ。
コナーとメイガンではどうも人選ミスな気もしますが。
(コナーは余り世間知ないし、メイガンは変装はともかく同じく世間知がない)
しかし、メイガンは意外と演技が巧いのか、変装中は普段はやらないような表情を見せたりする。
そして、どうしてどうして、コナーは頭が回ります。
インテリジェンスがある事は解かってたけど、だますウィズダムもなかなか。

プリズンブレイクなメインストーリーを縦糸に、親子のドラマを横糸にって作りは相変わらず巧い。
大体、Dr.ストレンジのセラピーを使ってきたところからして巧い。(海外はセラピーネタ好きだけど)
これによって、潜在的なわだかまりをセリフで説明すると言う不自然な会話を、ストーリーの流れの中で自然にできる訳だ。
(潜入先で私的告白するのはどうなのよと言う不自然さはさておき^^;)
最後メイガンが助かるのは、ああ言うなし崩しでなく、ヒートビジョンくらいは使って欲しかったかな。
そして、コナーとメイガン恒例のいちゃいちゃモード。
仲が深くなるのはシーズン2以降で、もっと寸止めで引っ張るかと思ったら、早々とバカップルですね。
yj11_01.jpg
右の金髪は変装コナーね。
長時間かけてかなり深く入ってますよ。
メイガン「んっ、ぅんっ」声漏れちゃってるし。

この後「だましたなー!?」とか「ジャスティスリーグ参上!」とか入るかと思ってたら、
すっとばしてベロチューエンドとは思わんかった。
(正確には終了時毎度恒例の「全ては計画通り」もあるんだけど)

ゲストキャラは相変わらず豊富で、アマンダ・ウォラーはJLU(ジャスティス・リーグ・アンリミテッド)では超重要人物。
アメコミアニメの面白いところは、「ここでこいつが出てくるかー」的な楽しみがある事だね。
知らない場合は、「こいつ誰だ?」て調べる楽しみでもあるけど。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。