スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライミ版スパイダーマン2

それにしても、スパイディの敵っていつも中年男なの? 連日おっさんの裸見てる。
そして、毎度毎度自分で人体実験する理屈が解からん(´ー`;)
ちょっとでも「他の人に話すと反対されるから」「金がないから」「他人を危険にさらせないから」て説明があるだけでも乗れるんだけど。

第二部は、生活・青春の苦しさがよく表現されている。
しかし、ライミが少し泣かせる話を作れる事は知ってたけど、ああいう人情物が撮れるとは思わんかった(失礼)
オクタビアス博士の奥さんとか、表情がいいんだよねえ。

見せ場である電車上のアクションは素晴らしかったんだけど、最後が力ずくだったのがちょっと残念。ああ言うのはスーパーマンやアイアンマンに任せて、スパイディは知恵と工夫主体で凌いで欲しかったな。

後半は色々惜しかった。
言葉の使い方や、最後の詰め込みが。
前者については、本ストーリーが決心・説得・心変わりと言う要素が多かっただけに、言葉作る難易度高いのは解かるけど・・・。
そしてこれは、最初から3部作として構成されてたんだろうか。
2部で終わらせるために無理やり詰め込んだ感もあるんだけど、最後のハリーを見るとやっぱり3部を意識してるし、第三部ではMJと二人頑張る姿を見せるつもりだったんかな。

1部も2部も、どちらかというといい意味で長く感じた。
「も少し要素少なくても満足なのに、えー、ここまで見せてくれるの?」的な感じで。
と言うか、自分は最近はアニメ映画を多めに見てるから、そのリズム(90分ちょい)に慣れてるんだろうな。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。