スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アイアンマン・ザ・アドベンチャーズ】#49:復活した憎しみ

面白いエピソードと粗いエピソードが交互にくるアイアンマンだけど、この回は滅茶苦茶面白かったので、周回遅れでも感想書いときます。
前回のハマー脱落話もすごかったんですけどね。

病院から姿を消したステイン。
彼の復讐から父を守るため、トニーは奔走するが、ことごとく裏をかかれ・・・
父は倒れ、ペッパー&ローディは拘束され、急行しようとするアイアンマンの前にはアイアンモンガーが立ちふさがり、危機また危機、畳み掛けの連続!

以下、ネタバレ入ります。
見終わった今思えば、どれもが伏線であり、ミスリードを誘うようにもできている。
最初のステインの「何もかも思い出した」と言うセリフ。
ステインが網膜認証通った事。
犯人は確かにエクストリミスを知らない。
「お前の事が好きだった。だが今は軽蔑している。お前が私と私の家族にした事を・・・」
「僕はお前だ」てのも意味深だよな。古典的な言い方だが、トニーと彼女は確かにコインの表と裏だった。

X-MENのミスティークとかもそうだけど、変身・変装キャラは巧く使うと話が本当に面白くなる。

スリリングな本筋も面白かったけど、要所の会話や息抜きネタも面白かった。
初見のときは「ローディが折角知力で切り抜けたのに、ペッパー力技かよーwww」とウケたんだけど、これまた伏線だったんだねえ。
シールドの爆発物ガイド・・・てギャグから始まって、最後はなるほど、ローディの機転で危機脱出!
トニーの、「物事は見た目どおりとは限らない」なんてセリフもキいてたね。

しかし、マスクを外したホイットニーはいいね。いつものスリットスカートもいいけど、金髪と黒スーツのギャップがね。お嬢様が黒スーツと言うギャップがね。
IAA49_03.jpg IAA49_02.jpg

彼女は見てて辛いんだけど、見続けたい。
アクション美しいし、未だに最強に近い。
つうか、アイアドはトニーより上手のキャラ多いよな。それが面白さだけど、カタルシスに欠けるきらいもある。

最後の最後まで、楽しませてもらいました。
この際、ブラックウィドウ vs マダムマスクとかやりませんか?
さらに、マダムとマインドシーカーが共闘し、ウィドウ&ペッパーが立ち向かうなんて、女だらけの戦いなんてなりませんか?
アイアンマン出る幕無し? いや、たまにはいいじゃありませんか。

その他雑感:
トニーはもう正体をばらしちゃえば・・・とは見てて誰もが思うところだが、なるほど、ローディ巧い理由付けだ。まあ確かに、親にバレたら止められるだろうしね。

エクストリミスてのは機能がイマイチあいまいで、しばしば「何でもあり」になりかねないので、(作り手としては)扱いにくい代物だけど、まあ、全てをリモートでコントロールできる機能って事かな。

本日のベリーショートさん:
IAA49_01.jpg

今回はアイアンマンのファンを名乗り、かなり軽い。て、あんた、スターク社の取締役じゃなかったんかい。
ええわかってますよ。モデルの使い回しでしょうとも。
でも、マインドシーカーやガーゴイルズの女検事補みたいに、後々重要キャラとして出てきたりしないかな。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。