スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アドベンチャータイム】第3話(アイスキングとツリートランク)

3話の録画に失敗してしまった_| ̄|○
折角だから、簡単に記事にしておきます(後で書き直すかも)
3話は、aパートbパートそれぞれ重要な意味を持つ回なんだよね。

まず、aパート、アイスキングの花嫁
以後、代表的ヴィランとなるアイスキング登場。
のっけから、そのダメっぷりを発揮します。
姫をさらうのがその存在意義(レゾンデートル)と言う事で、この回さらわれた姫様達は個性的なかわいいキャラ揃い。
しかし、フィンはこの回ももてまくりだ。
策で勝利する展開もよい。

b.ツリートランクの冒険
来たよツリートランク。
中盤も大概グロシュールな絵が多かったが、何と言ってもラストの衝撃。見た人全員置いてけぼり。
このラスト、このエピソードのインパクトのせいで、アドベンチャータイムはこう言うグロシュールでびっくりな話だと思った人も多いだろう。自分もそう。
しかし、実際はそうでもなくて、その後は正攻法エピソードも結構多い(と言うか、ツリートランク回ほど意地悪な回は珍しいと言っていい)
或いは、このエピソードが関係者に「余りにひどい」と言われたせいで、方針を徐々に転換したのではないかと推測したり。
(実際、このエピソードのラストは、余りのひどさに一度リテイクを喰らって、もう1カット付け加えたそうだ)
確かに、意表をつく展開ばかりでは、視聴者も疲れて飽きてしまうもの。

とにかく、この後ATは、ある時は変化球、ある時は変化球と見せていい話と、多彩な顔を見せるようになって行くのだった。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。