スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アドベンチャータイム】第4話(姫のお尻とビジネスマン)

4-a.『ハートを奪われて』
プリンセスに近付く謎の男(と言うか心臓)リカルディオ。フィンにはどうも、彼が悪党に見える。
「これはやきもちじゃない!」と言う気持ちを抱えながら、リカルディオとプリンセスを付け回すも、どうも空回り・・・。
視聴者やきもき、準定番とも言えるプロットですね。

しかし、ジェイクは本当にいいキャラだわ。
否定するでもなく協力するでもなく、見守って飄々と受け流してフォローする。男はこうありたいものだぜ。

で、リカルディオの正体は結局悪なんだが、
AT03_01.png
ぐるぐる巻きバブルガムかわええええ。
胸に空いた穴をさらすアイスキングを見たら、楳図かずおの「うばわれた心臓」を思い出した。

ラスト、私のケツにキスしなさいのバブルガム。ひ、姫、何と言う破廉恥なっ。
フィン、お前このご褒美の価値がわかってねえよ!
しかしまあ、バブルガムにとっては、フィンはやっぱり弟なんだねえ。
フィンが成長したら、こう言う冗談も言えなくなるのかな。




4-b.『燃えるビジネスマン』
海岸に流れ着いたゾンビのごときビジネスマン。フィンとジェイクは便利な彼らに仕事を任せている内に・・・。
実は、このエピソードが自分のアドベンチャータイム初体験だったりする。
結構起承転結はっきり因果関係かっちり出来ていて、面白いんだけど、ちょっと印象弱かったな。

プリンセスホットドックがおばさんぽい声かつにおいがきついと言う衝撃の事実が明らかに。

フィンの下半身をこねくり回して遊ぶフィンとジェイク。
挙句に作るのがバブルガム。
AT03_02_1.png

AT03_02_2.png
なんだか危ない。ぷるぷる振動してるし。姫を思いながら、下半身を弄ぶフィン。

最後のビジネスマンは哀れだったな。
しかし、そもそもなぜ彼らや遺物が、氷に閉じ込められ流れてくるのか、意味深ではある。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。