スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フェリシーと夢のトウシューズ』は熱い!

"BALLERINA"こと『フェリシーと夢のトウシューズ』見てきました!
赤毛ソバカス結構太眉ショーパン&タイツ少女の身体が躍動するってだけで個人的には当たりでしたが、話が進むにつれ思った以上に熱血要素を備えた快作でした!
ジブリ要素を巧い具合に取り入れたりしててね。
そして肝心のバレエの動きの見事さ。
バレエ以外の踊りや現代音楽も取り入れてるので、俗な自分でも楽しめる。
特に酒場でのダンスシーンは出色の出来でテンション上がりました。

話としては、この手の作品では定番の、底辺からチート(この場合は窃盗)からスタートして、ハラハラ居心地悪いのですが、夢に向かって動き出せば間もなく引き込まれます。
外国作品にしては珍しく、はったりの効いたマンガ的特訓も。
こう言う特訓シーンはさすがに日本作品の方が一日の長があるし、まして映画だと時間の関係からなかなか説得力ある描き方ができないんだけど、(例外的にベストキッドがあったりするけど)これもうまく抑えてた。
そして、着地のコツをマスターする過程。
こう言う、感覚的な悟りって映像作品では表現しにくい物なんだけど、そこも巧いこと表現してました。

もうこの手の作品は、特訓の末美しい踊りを見せて、テンションアガればそれで成功と言うものです。

少し惜しいのは、ライバルの性格。
まあお約束な意地悪+努力する天才なんだけど、日本作品ほど(時間関係のせいもあって)深くは表現できず。
結局勝負の末改心するんだけど、改心前の非道さと改心後のギャップがありすぎて。
改心前も微妙な表情とか、頑張って伏線は張ってるんだけど、もう少し段階的に性格・心理の変化を描いて欲しかったところ。

男子キャラは、「これがフランスが魅力的と考える男子キャラか」みたいに日本式キャラと少し違うけど、嫌味なほどフェミニストと言う事もなく、薄味過ぎる事もなく、王子男子はちょっとアレだったけど笑えたし、概ね好感持てました。
何より、スキル持ちは好感持てる物です。
ただ、話の中心がバレエに移ると、どうしても男子&恋愛要素が余計に見えてしまうね。

心配された吹替え(メインに専門声優がいない)ですが、思ったより普通に見れました。
フェリシーの声は、ちょっと危なっかしいけど聞く内に違和感少なくなる及第点。他もまあまあ。声質いい人多かったし、踊りがメインで会話要素少なく、抑えた演技が多い事もあって。
脇の専門声優は充実してました。
そして、チョイ役の斉藤志郎さん。もう出オチで笑ってしまうとともに、この安心感w

作中繰り返される「なぜ踊るのか」と言う問いに対するフェリシーの答えは、ライバルとの対比もあってある程度わかりやすかったけど、あれだけの過程を踏んだら、もっと凄みのある台詞が聞きたかったかも。

最後のもう一山(ライバルママの逆襲)は余計だったかな。
全体としては駆け足な部分がしばしばあった(作品内時間でも実時間的にも)。
そんな訳で、2、3惜しいと思うところはあったけど、そんな短所はフェリシーがピルエットを回れば余裕で吹っ飛ぶ、気持ちが昂ぶる快作でした!
スポンサーサイト

『カーズ/クロスロード』

見てきた。
これはこれでよかったけど、番宣から自分が期待してた展開となんか違う感じ。

続きを読む

『ラプンツェル あたらしい冒険』見たけど

ラプンツェルの新TVシリーズに先立つ長編、絵的には好みの2Dで大変良かったのですが、ドラマ面では自分的にはかなりしんどい作りで、どうにももやっとしたので書きとめておきます。


要は、自分が個人的に「自由と外の世界に憧れる少女が肯定されるネタ」に少々お腹いっぱいになってるところがある訳で。
その少女の感情が色んな視点から公平に描かれるならいいけど、本作では少女視点だけだったから。
メリダの時にも思ったけど、昔の時代を舞台とした物語に、フェミニズムな女性を持ち込むと、どうしてもフェアじゃなくなってしまうなあ。
いや、例え現代が舞台だとしても、自由には責任や危険と言う代償が伴うので、ただ肯定されるのはフェアじゃない。(否定するのは父親だけで、その父親がかませ犬扱いでは)

また、映画だと「こう言う育ち故にこう言う感情を持つに至る」が誇張を交えつつバランスよく描かれてたけど、本作のラプの心の動きは、彼女の生い立ちを考えるとどうにも不自然に思えてしまって。
ラプだったら、城の生活が合わないのはもちろんだけど、もっと好奇心と、引きこもると安心する染み付いた感覚が拮抗するはずでしょ。

ユージーンが余り考えなしなのも辛かったし、今の生活に満足してるのも違和感だったなあ。
ユージーンの育ちから行くと、むしろ彼の方が疑い深すぎるくらいの思慮深さがあるだろうし、愛を無邪気に信じられないだろうし、城の生活も性に合わないでしょ。
結局ここでも、ラプの視点しか描かれてない。

例えば、こう言う描写だったら--
ユージーンは城の生活に馴染めないけど、ラプを思いやって我慢してる。
ラプも実は馴染めないけど、ユージーンが表面上幸せそうにしてるので、我慢してる。
で、少し行き違いがあった末「あ、どっちも同じこと考えてたのかー(笑)」なんてなれば、結構自分好みのドラマなんだけど。
---
でなくとも、髪が伸びてカサンドラに「誰にも言わないで」て言われたとき、ラプには「ユージーンなら大丈夫」くらい言って欲しかった。
男の役割が殺陣でちょっと活躍するだけじゃね。
レディ・ケーンと知り合いらしかったのに、それが生かされずずっと後ろに引っ込んでたのも寂しい。

で、お父さんの王様の扱いがね・・・。
あの人映画では少ないシーンですごい感情移入できたのに。
そりゃ娘の気持ちなんてそうそう解らないだろうし、解っても満点の答えは出せないだろうけど、ここまでの話の流れから行ってリアルじゃないんだよな。王様のキャラが映画と違うし。
映画のストーリーの流れから行けば、お父さんは娘をがっちり箱入りにするでしょ。いや、閉じ込めてはいるんだけど、そもそも行事とかには出さないようにするし、気を使って甘やかした閉じ込め方になるでしょ。
でもって、お母さんは対照的に理解者と言うのが。
理解者だとしても、終盤の展開はさすがに無理ありすぎでしょ。
王女である娘が最前線で戦って、王様は引っ込んで、王妃様が王様を止めるなんて(そもそもコロナの衛兵が弱すぎるのが問題なんだが・・・)
お父さんは分からず屋の保守派、お母さんは進歩的な理解者と言う色分けは苦しい(オマケ程度にお父さんの難しさも描いてはいるんだけど・・・)

まあ、少女向け娯楽作品なんだからいいじゃんとか、こう言う作品でリアルさをどこまで入れるかと言う難しさは解る。
ただ、たびたび言ってるけど、自分は娯楽作品としての大嘘は大いに奨励するけど、人間の心の動き--、「こう言うときにこう言う人はこう言う物言いと行動をする」と言うところで嘘をついて欲しくない。
それに、ここは物語のテーマに関わる部分だから。
つまり、この作品を見た限り、女性が前面に出て活躍するためには、あり得ない事が起こって周囲の人間があり得ないほど頼りなく、周囲の人間があり得ない行動を取らないと成立しないと言う事になってしまう。
だとしたら、そんな空々しい嘘の上に立つ形でテーマを語るべきなんだろうかと思ってしまう訳です。
子供向けなら尚の事。周囲の大人が頼りになっても、主人公に至らない部分があって周囲に助けられてもいいじゃない。子供が行ってはいけない危険な場所があるって教えても(むしろ教えた方が)いいじゃない。

しかし、よくよく考えるほど、映画のラプンツェルと違うなあ。
映画版のラプは世間知らずだがピュアなのがほっとけない魅力で、周囲の人間の忘れてた夢を呼び起こす魅力があったのに、それを今時のステレオタイプなヒロインに当てはめてしまった。
ここは別物と割り切るしかないか・・・。
しかし、映画を見て、忘れて久しいピュアな感情を呼び起こされた自分としては少々辛い。

ところで、城壁の存在について。
欧米では(と言うか大陸国家では)城壁の外は、手付かずの野生と、異民族の世界。
日本と違って壁の外に対する恐怖感と戒めが染み付いてると思ってたら、そうでもないのか。
むしろ、壁=昔の因習の象徴として、日本以上に反撥する感覚があるのだろうか。



以上、もやっとしたとこだけ述べたので、こんな記事になってしまったけど、この新作は絵的には好きだし、ファンタジー冒険物としても期待できそうです。
TVシリーズが始まったらフェミニズム方面のテーマに関しては、あくまで根底に横たえるだけの、ソフィティスケートされた作りになる気がしますし。
自分もTVシリーズ見る時は、できるだけ上記のようなところは気にせず、娯楽作品として楽しむよう勤めると思います。

『SING/シング』は良かった!

前にもつぶやいたけど、遅ればせながらSING見てきたのでした。
評判通りの大傑作だった!

まあ、ショウビズ物でその劇中歌が断然巧いとなれば外れっこない訳で。もう導入部見た時点でこれは当たりと確信。で、オーディションの時点で皆やたらレベルが高いんですけどw
普通あの手の作品は、オーディションではかなり色物が仕込まれてるものなんだけどw まあ、すげーって思ったからいいんだけど。

自分は洋画・海外アニメは吹き替え、歌は英語で聞きたい口だけど、SINGは評判どおり吹き替えで見て正解。しかし、吹き替えの完成度があれだけ高いと、「じゃあ原語だと?」と興味が湧く。これが巷で言われてる「SINGの吹き替えを見ると字幕でも見たくなる現象」て奴なのか。
SINGこそサントラ欲しい作品。二ヶ国語分。
内村さん巧かったな。「誰だか知らんけど(どっかで聞いた気がする)、やっぱり吹き替え専門の声優はいいね」て思っちゃったレベル。
つまり、単に巧いだけでなく、吹き替え向けの声の出し方してた。
ゴリラのジョニーの演技だけはイマイチだったけど(歌は巧かった)、それが「業界では素人の若造」と言う雰囲気を出してたから、これでよい。

女キャラとしてはアッシュ推しだけど、色気の点ではやはり豚の奥さんだな。で、歌は断然ミーナと。
SINGのキャラデザ最初見たときは女キャラ萌え方面は弱いかなと思ったけど、そこはやっぱり海外アニメ、しっかりエロカワは仕込んできていた。。

続きを読む

【レジェンド・クエスト】S1.Ep4:メドゥーサの幽霊

次は日本かと思わせて、今度の舞台はギリシャ。
LQ04_05s.pngなので、こんな絵が挿入される(この絵で動く)。

そして、この回はテオドラフィーチャーエピ。
LQ04_07_20170423003700ca9.png LQ04_08s.png
相変わらず犯罪的な脚だけど、そんな気持ちが吹っ飛ぶくらい彼女のいいキャラの魅力を引き出した好エピソードだった。
LQ04_11s.png LQ04_12s.png
しかしテオドラ、ツンデレと言うか、自分を表現するのが苦手な子なんだね。

そして、最後の最後でおそらくシーズン通しての敵登場で、また強い引きなのだった。


それにしても、レジェンドクエストの話の作りは相当巧い。
アメリカ以外の海外アニメって、総じて話がこなれてないと言うか、基礎部分が抑えられてない(もしくは自分がアメリカ産の基本フォーマットに慣れきってしまってるので物足りなく感じるだけとも言う)んだけど*、レジクエは引きがあって面白い。
それも、1エピソード内の引きとシリーズにわたる長期の引きと言うね。
*ただし、フランス産でもCODE:リョーコのシナリオは相当すごかった。

あと、レジクエは概ね(パワーや気合でなく)アイディアで勝つのがよい。
今回も、「メドゥーサの幽霊が石化できるのは幽霊だけ」と言うルールに基づいて作戦が練られるのだった。
これは洋の東西問わず貴重なスタイルで好み。

あと、レジクエは海外アニメには珍しく、結構容赦なく犠牲者が出る。この回市長さんがめっちゃかわいそうで最後まで「え、復活しないの?」と気になってた。

【レジェンド・クエスト】S1.Ep3:マート

(当時のツイッターのつぶやきを元に、できるだけ当時の気分で書きます)

世界を巡って、その地の伝承と対峙すると言う基本ストーリーパターンが確立されてきた。
で、今回の舞台はドイツ。
改めてディアンドルってすごい
折角のディアンドルなのにおばさんなのが惜しい 2017-03-01-46.jpg

パターンと言えば、このシリーズは毎回必ずその土地に相応しい絵を挿入するのもお約束なようで、興味深い。
LQ03_3.png


今回のテーマキャラはドン・アンドレス。負け犬な過去を持つ老人が立ち上がるって話はやっぱり渋く燃える、が、昔のドンアンドレスはかなりクズ。何か事情があってという訳でもないようだし・・・。
今回は、夢の中での精神戦であると同時に、二手に分かれての作戦勝ちでもあり。
そして、次の舞台は日本? こりゃ楽しみだぜ。
LQ03_10.png意味は不明だけど、漢字はちゃんとした漢字。

それはそうと本日のテオドラ
LQ03_4.png
このシーンではちゃんとスカートがひらひら揺れます。
LQ03_5.png
LQ03_6.png
LQ03_8.png
いや、こんな視点で見てるだけじゃなくて、テオドラの魅力は表情やら他にもたくさんあるよ。
LQ03_2.png LQ03_1.png


それにしても、テオのスマホってどこと通じてるんだろう。案外現代と通じてて、スマホを通せばこの世の友達とコミュニケーション取れてたりして。そう考えると切ないな。
なんだかんだでテオドラは死人な訳で、その死因を想像すると、鬱シナリオになりそうで怖い。
しかしいずれは、ドンアドレスと同様その辺の事情に深く踏み込む事もあるんだろう。
実は仮死状態で、最終回間際によみがえってもいいんだよ。

あと、魔女見習いのマルセラの出番って、今後もああ言う回想シーン的な場面だけなの? もったいない!
LQ03_9.png

【レジェンド・クエスト】S1.Ep2:ジャージーデビル

LQ01_5.png
海外作品の吹き替え特にディズニー系でお馴染みの多田野曜平さんがゲスト参加と言うことで注目の第二話。
今度の舞台はニュージャージー。
多田野さんの役は「トーマス」と呼ばれるから、すわ大統領かと思ったら、トーマス・ディケーターと言う発明家。(トーマス・エジソンでもない)
発明家と言っても(多田野さんが過去にやった)ドゥーフェンシュマーツ博士やリックのように邪悪でもキレてもなくて、良心的な役どころでしたw

今回は第二話、TVシリーズの基本パターンを決める回らしく、敵の倒し方には工夫を感じるものの、特に変わったこともなくそつなく終わるか・・・と思わせて、二段・三段構えで、次回以降の引きが畳みかけで仕掛けられているのであった。

また、敵の倒し方にはただの力押しや気合で済ませない理屈があって、これもこの作品の特徴らしい。

最後に本日のテオドラ
LQ02_2.png
この子はこの格好でなんで高いところに行きたがりますか。

【レジェンド・クエスト】S1.Ep1:予言

レジェンドクエストのエピソードごと感想行きます。まず第一話。
物語は中米のとある村から始まる(時代は18、19世紀くらいを思わせるけどよく解らない)
この舞台設定も、(メキシコ製と知らなかったこともあって)新鮮。

第一話と言うことで、まずはキャラクター紹介。
まず幽霊のドン・アンドレス。
LQ01_1_2017032923372436b.png中世スペインの騎士(コンキスタドール)ぽい。

謎生物のアレブリヘ。
LQ01_2_201703292337259df.png幽霊と違ってこちらは人の目にも見える。(でも見る人によって映る姿は違う様子)

そして、短すぎるスカートの幽霊少女テオドラ。
LQ01_3.png LQ01_31.png
こちらは21世紀人らしく、しょっちゅうスマホをいじってたりする。(でも、電波はどこから届いてるんだ?)

もう一方のヒロイン? 魔女の娘マルセラもかわいいよ。
LQ01_4.png LQ01_5_20170329233730880.png
リオの本命はマルセラなのかな。
そうそう、主役はリオ(右)ね。

敵のラスボス(推定)はケツァルコアトル。
メキシコではメジャーな神だけど、文化神・農耕神に加えて水神、火をもたらした神、風の神、太陽神、金星の神、と同時に邪神扱いされる事もある・・・と欲張った神様。
何よりも、人身供犠に反対していた(が故に邪神扱いされる)のは興味深い。
とにかく、本作品ではラスボスのようです。

そのケツァルコアトルの復活を防ぎ、まず第一話はめでたしめでたし。
彼女(マルセラ)もゲットしてめでたしめでたし・・・と思ったところから再度衝撃の展開が始まり、真の冒険が始まるのであった・・・

いやあ、さすがメキシコ、男女の仲も進展が早い、しかしどうも早過ぎると思ったら、フラグだったと言う事か・・・。
でも、「今のキスに気持ちが入ってなかった」なんて言葉がさらっと出るのは、やっぱりメキシコ娘は進みすぎだぜ。

それはともかく、この作品一味違うぞと思わせた第一話でした。

そうそう、急展開と言えば、唐突に出てきた飛行船にも驚いたけど、これ、旧作があって知る人には馴染みのシリーズだからこそなんだろうね。
例えば、バットマンであれば唐突にバットウイングが出てきても「待ってました」で済むような。

Netflix『レジェンド・クエスト』が面白い

LQ00_2.png
ツイッターフォロワさん達が地味にプッシュしてくるのと、女子キャラ達がかわいいのでふと見てみた本シリーズ。
ストーリーの方も、思った以上に大胆な展開が多くて、気がついたらすっかりハマってた。
絵的には子供向けオーソドックスカートゥーン。世界を巡る構成や雰囲気はタイムボカンなタツノコみたいな雰囲気を出しつつも、シリーズ通しての引きも用意されていて、侮れないなんて思ってる内に、ハマってた。
物語のスタート地点が近世中米なのが珍しいと思ってたけど、製作もメキシコらしく、旧シリーズや映画もあったりする根強い人気作品のリメイクと言う事らしい。
(スペイン語圏な事に加え、Legend Questで検索しても目的外のものがヒットするので、情報収集が難しい)

しかし、当然ながら(?)幽霊少女テオドラの短すぎるスカートが気になってきて、ついついそちらに目が行ってしまう。
LQ01_4s.png

LQ01_1.png
LQ01_2.png LQ01_3s.png
どうせなら、Teen Titans Go!のスターファイヤみたいにスカートがひらひら揺れてたらもっといいんだけど、それじゃあざとすぎるか。

とりあえず、「リック&モーティ」と「レジェンド・クエスト」に出会えただけで、Netflixに入った甲斐があると思ってる。

米澤穂信『インシテミル』

米澤穂信『インシテミル』を読む。
最近小説は読み始めて即脱落してしまう事が多くて、まして推理小説は最近手をつけることすらなかったんだけど、
これは序盤1/3くらいすっ飛ばし読みをする事で、いい感じに乗れた。
一度乗ってしまえば、バトルロワイヤル系の面白さに推理小説ならではの引きを抑えていて、「中断するのが苦しくて寝不足になるくらい読む」なんて感覚を久し振りに味わえた。
要所で若さを感じる箇所はあったけど、これだけ楽しませてくれれば十分満足。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。